次の記述のうち 一級建築士 法規次の建築物のうち建築基準法上2以上の直通

次の記述のうち。一級建築士 法規次の建築物のうち、建築基準法上、2以上の直通階段を設けなければならないものはどれか。ただし、いずれの建築物も、各階を当該用途に供するものとし、避難階は1階とする。
1.主要構造部を耐火構造とした地上3階建ての共同住宅で、各階に避難上有効なバルコニーを有し、各階に住戸居室の床面積40㎡が6戸あるもの2.主要構造部を準耐火構造とした地上2階建ての寄宿舎で、2階における寝室の床面積の合計が150㎡、2階における寝室以外の居室の床面積の合計が150㎡のもの3.主要構造部を準耐火構造とした延べ面積1,000㎡、地上2階建ての物品販売業を営む店舗で、2階における居室の床面積の合計が400㎡のもの4.主要構造部を耐火構造とした地上5階建てのナイトクラブ及びバーの用途に供する建築物で、各階における居室の床面積の合計が100㎡以下で、かつ、各階に避難上有効なバルコニーを設け、各階から1階に通ずる直通階段を屋外に設ける避難階段の構造の規定に適合するものとしたもの面積倍になる計算で、誤った選択肢は、1ですか?1ですよ!令第121条第2項により、設問の建築物はいずれも主要構造部が耐火構造、準耐火構造であるか、又は不燃材料で造られているので、同条第1項各号で規定する床面積は『2倍』の数値として適用されます!第五号により、共同住宅の階で、その階における居室の床面積の合計が『200㎡=100㎡×2倍』を超える場合には、2以上の直通階段を設けなければならないわけです。設問の建築物は、各階の居室の床面積の合計が40㎡×6戸すなわち240㎡なので、『240㎡>200㎡』2以上の直通階段を設ける必要があります!
次の記述のうち。一級建築士. Q 68 : 次の記述のうち、建築基準法及び建築士法上、誤っているものはどれか。 1. 一級建築士でなければ行ってはならない建築物の設計及び工事監理を二級建築士が行い、工事が施工された場合、当該建築物の工事施工者は罰則の適用の.一級建築士。Q 6 : 防火区画等に関する次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。 ただし、自動式のスプリンクラー設備等は設けられていないものとし、主要構造部については、「耐火建築物の主要構造部に関する技術的基準」に適合していないものとする。平成28年一級建築士試験。学科Ⅲ 法規. 〔N o.1〕 次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。 1 .レストランの調理室は、 居室」である。 2.地上3階建ての共同住宅における2階の床及びこれを支持するはりに鉄筋を配置す. る工事の工程は、 特定工程」である。 3.平成29年一級建築士試験。学科Ⅲ 法規. 〔N o.1〕 次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。 1 . 液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律第 38条の2の規定」並. びにこの規定に基づく命令及び条例の規定で建築物の敷地、構造又は建築設備に係.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です